「掛け値なしの激戦」 学生ビジコンの頂点に筑波大と宮崎大

キャンパスベンチャーグランプリ全国大会

 日刊工業新聞社は6日、学生ビジネスプランコンテスト「第14回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)全国大会」を東京・霞が関の霞山会館で開いた。全国8地区大会で優秀な成績を収めた計13人・チームが出場し、経済産業大臣賞に筑波大学の木村友輔さん(写真前列右)による「トレーニング共有プラットフォーム『シェアトレ』」が、文部科学大臣賞に宮崎大学の木下大輔さん(同左)による「障がい者情報プラットフォーム『TOBE』」が輝いた。

 受賞者の木村さんは「サッカーだけではなく、野球などの他のスポーツにも広げる」と胸を張った。木下さんは「社会を変えるようなサービスをつくりたい」と笑顔をみせた。

 各務茂夫審査委員長(東京大学教授)は「掛け値なしにレベルが高く、激戦だった。折れない心を感じた」と評した。

 またJPXアカデミー専任講師を務める森元憲介氏が「『起業』と『お金』の不思議な関係―資本市場の現場から見えてくる課題」と題して講演し、「事業規模が大きくなればお金の話は避けられない。資金調達先を見極めることも求められる」と強調した。

大臣賞以外の受賞プランと代表者(同時受賞は代表者のみ)は次の通り。

【教員審査委員賞】▽Ani Voice~分娩モニタリング装置を用いた牛農家サポートデバイス~(香川大学大学院・今出雄太さん)

【MIT賞】▽3Dプリンティングロボットによる高自由度建築事業(東京大学大学院・平山雄太さん)

【JVCA賞】▽筑波大学・木村友輔さん

【日刊工業新聞賞】▽世界の食卓×旅行者「airKitchen」(名古屋大学大学院・永津豪さん)

【審査委員会特別賞】▽VIRTUAL ESTATE~「新技術×新制度」次世代の部屋探し~(同志社大学・池内光流さん)▽You魚キャッチャー(鳥羽商船高等専門学校・村山由莉衣さん)

【TOMODACHI賞】▽「悲しみを打ち明けやすい」社会を目指した、葬儀会社へのグリーフ(悲嘆)カウンセラー派遣事業(北海学園大学・井上智恵さん)▽筑波大学・木村友輔さん、宮崎大学・木下大輔さん、香川大学大学院・今出雄太さん

キャンパスベンチャーグランプリ公式ページ

日刊工業新聞2018年3月7日

明 豊

明 豊
03月07日
この記事のファシリテーター

2年間ほどCVGの運営に携わったことがあります。そこで出会った起業家の人たちつながりは今も自分の財産になっています。CVGの受賞者や参加者から有望なベンチャーが多く出てきています。公式ページをぜひご覧下さい。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。