kawasakiの女性をターゲットにした店舗が賑わう

バイクのあるライフスタイルを訴求、家族連れも多く

  • 1
  • 3
「ブラックエレガンス」は、ニンジャシリーズとアパレルを一緒に展示している
 カワサキモータースジャパン(KMJ)は、東京都千代田区に開設中の「カワサキショールーム マーチエキュート神田万世橋」で若い女性をターゲットにした商品展示「ブラックエレガンス」を始めた。6月30日のショールーム営業終了まで常設展示する。

 「ブラックエレガンス」は男女や年齢を問わず人気があるスーパースポーツバイク「ニンジャ250」と「同400」の1日発売を機に開始した。黒が基調の同400と、皮革製の黒い女性向けライダースジャケットなどアパレルを展示している。

 アパレルの一部は購入できる。KMJの調査で20―30代は上質感や格好良さ、個性的なものを求めていることがわかり、「若い人にも人気のニンジャシリーズをモデル役に、バイクのあるライフスタイルを訴求するため展示を始めた」(谷敏明営業統括部販売戦略部長)。今後もさまざまなテーマに沿った展示をする予定という。

 神田万世橋のショールームは1月13日の開設以来、2月22日までに約7500人が来場。当初は6カ月間で6000人としていた目標をおよそ1カ月間で達成した。平日夜は会社帰りのサラリーマン、休日は家族連れが多く訪れるという。

日刊工業新聞2018年2月26日

COMMENT

KMJは川崎重工業の国内2輪販売会社。川崎重工の太田和男常務は「ショールームから大きなムーブメントを起こしていきたい」と話す。 (日刊工業新聞第一産業部・山田諒)

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる