モバイルWi-Fiルーター混雑時でも通信安定、UQが新技術

18年度中に導入

  • 3
  • 13
20年の東京五輪に向け快適な通信環境を先行して整備する(イメージ)
 UQコミュニケーションズ(東京都港区、野坂章雄社長)は2018年度中に、モバイルWi―Fi(ワイファイ)ルーターサービスで混雑時の通信安定化技術を導入する。20年の東京五輪・パラリンピック開催時は、多数の観光客などが集まる場所でもストレスなくデータ通信できる環境が欠かせない。新技術により快適な通信環境を先行して整備し、サービスの顧客満足度の向上にもつなげる。

 モバイルWi―Fiルーターサービス「UQワイマックス」に、新技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を導入する。同技術は基地局に大量のアンテナを搭載し、特定の方向に電波を発射する技術などと組み合わせて利用者一人ひとりに専用の電波を割り当てる。

 これにより、通信速度が遅くなりやすい混雑した場所でも快適な通信を実現する。ソフトバンクが16年9月に初めて商用化した。

 UQコミュニケーションズはこの新技術を東京都や大阪府、名古屋市の一部の場所で導入する。競技場やイベント会場をカバーする基地局などに採用する予定。

 一度に多数の人が集まり通信速度が遅くなりやすい場所に導入することで、快適な通信を確保する。具体的な導入場所や場所数は今後詰める。

日刊工業新聞2018年1月8日

COMMENT

五輪開催中は会場やその周辺で多数の観光客が会員制交流サイト(SNS)や動画配信などを利用すると想定される。また、大会関係者も事務連絡などにデータ通信を利用する予定だ。このため、大会組織委員会は大会の成功に向けて携帯通信事業者に対し、混雑した場所でも円滑にデータ通信できる環境整備を求めている。 (日刊工業新聞第一産業部・葭本隆太)

関連する記事はこちら

特集