ドラマ『陸王』に見る、会社を育てる戦略

<情報工場 「読学」のススメ#45>『0 to 100 会社を育てる戦略地図』

 テレビドラマの世界では、相変わらず池井戸潤原作作品が大人気のようだ。2013年7月に放送が開始され空前のヒットとなった『半沢直樹』を皮切りに、『ルーズヴェルト・ゲーム』『花咲舞が黙っていない』『民王』『下町ロケット』、そして現在放送中の『陸王』と、放送局や放送曜日・時間帯を問わず、いずれも高視聴率を記録している。

 とりわけ銀行や企業を舞台にしたサクセスストーリーが多いTBS系列「日曜劇場」として放送される作品は、ビジネスパーソンを勇気づけ、「明日(月曜)から頑張ろう」と思わせてくれる。同枠で放送中の『陸王』は、企業の新商品開発の物語だ。需要が減り経営が傾きかけた老舗の足袋屋「こはぜ屋」が、起死回生の一手として画期的なランニングシューズを開発、ライバルの巨大企業の妨害などにもめげず、見事成功を収める(かどうかは放送中なのでわからないが)。

 やや勧善懲悪の図式的な展開に鼻白むことがないではない。だが、『陸王』からは、起業や新規事業立ち上げの楽しさや産みの苦しみ、そして「何が大切なのか」を知ることができるだろう。

 そんなドラマの手に汗握る展開を楽しみながら、是非ページをめくってほしいのが『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)だ。起業する「前」の段階から、上場を果たすまで、会社や事業をどのように作り上げていけばよいのか、ステップに分けて実例を挙げながらわかりやすく解説している。

 著者の山口豪志さんは1984年生まれ。2015年に自ら創業した株式会社54代表取締役社長のほか、プロトスター株式会社代表取締役COO、株式会社スタディストアドバイザーなど、多数の肩書きを持つ。これまでに日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」の運営会社の創成期から関わり、2012年にはクラウドソーシングの日本における嚆矢である「ランサーズ」に3人目の社員として参画。いわば起業や事業創造のプロフェッショナルと呼べる人物だ。
 


「想い」「アイデア」「共感」が揃って初めて起点に立てる


 山口さんは会社の成長段階〈0〉(起業)から〈100〉(上場)までを以下の6フェイズに分割している。

〈→0〉(ゼロマエ):起業前夜
〈0→1〉(ゼロイチ):顧客の発見
〈1→10〉(イチジュウ):商品の完成
〈10→30〉(ジュウサンジュウ):採用と組織づくり
〈30→50〉(サンジュウゴジュウ):新規事業開発
〈50→100〉(ゴジュウヒャク):上場に向けて

 起業をガイドする書籍は他にも多数あるが、同書が出色なのは「ゼロマエ」、すなわち起業の前段階にも言及していることだ。一般的には個人が起業のアイデアを抱く時点を〈0〉(起点)と考える人が多いかもしれない。だが、山口さんが言うには、そこを起点にすると、結局アイデアだけで何もできずに終わってしまいがちなのだ。

 アイデアだけで会社を始めようとしてはいけないということだ。アイデアはまず「テーマ」になるまで育てなければならない。「テーマ」とは何か。山口さんによれば、それは「想い」と「アイデア」が掛け合わさってできるものだ。そしてそのテーマが「共感」されることで起業の「カタチ」ができあがる。そこまで来てようやく〈0〉の地点に立てる。

 つまり起業のスタート地点に立つには「想い」「アイデア」「共感」の3要素が必要ということだ。「想い」と「アイデア」がガッチリと絡み合い、それが多数の人に「共感」されることで力強い「テーマ」になっていく。豊かに枝葉を伸ばし花を咲かせるための「起業の種」が生まれるのだ。

「共感」は起業のエンジンになる


 三つの要素のうち「共感」は忘れられがちだが、きわめて重要な要素といえる。起業は一人ではできない。「一人会社」から始める場合でも、顧客なり、外注・協力者なり、仕入先なり、必ず複数の人間が関わる。

 その時に共感されるテーマがわからなければ、協力しようにもどう協力してよいのかわからないし、それ以前に協力する動機が持ちづらい。報酬など金銭面だけのつながりだと、成長や持続性に結びつくような協力は得られないだろう。

 『0 to 100 会社を育てる戦略地図』では、「ゼロマエ」だけでなく、6フェイズごとの解説のいたるところに「共感」が重要なキーワードとして散りばめられている。「ゼロイチ」では顧客の共感、「ジュウサンジュウ」では採用者や従業員の共感が必要、といった具合だ。

 ドラマ『陸王』でも「共感」がストーリーを進めるエンジンになっているようだ。役所広司扮するこはぜ屋社長の「想い」は、いやというほど伝わってくる。足袋の特長を生かしたランニングシューズの「アイデア」が生まれる過程も面白い。しかし、何と言っても引き込まれるのは、こはぜ屋の社員たちが「陸王」開発というテーマに「共感」し一丸となったり、寺尾聡が演じるソール素材の発明者や、カリスマシューフィッターといった有能な人物たちが次々と「共感」しプロジェクトに加わっていく様子だ。

 また、『0 to 100 会社を育てる戦略地図』の「ゼロイチ」のフェイズでは、商品やサービスを「使ってほしい人」を想定すべきとしている。その想定顧客の「共感」が、実際に市場に出せるレベルの商品やサービスを完成させる。

 『陸王』を毎週見ている人には言うまでもないだろう。新しいランニングシューズ「陸王」は、竹内涼真が好演する長距離陸上選手の茂木裕人に「使ってもらう」ことを目標に開発が進められる。茂木選手がこはぜ屋の情熱に、次第に「共感」していく様は感動的だ。

 ビジネスは「ドライ」なだけでは成立しないのだろう。人間、それも複数の人間が関わる以上、必ず「ウェット」な要素が必要になる。「共感」はもちろんウェットな要素なわけだが、その重要性はいくら強調してもしすぎることはない。ドライとウェット両者のバランスをいかに取っていくかが、起業や経営、リーダーシップの肝と言って差し支えないかもしれない。
(文=情報工場「SERENDIP」編集部)

『0 to 100 会社を育てる戦略地図』
山口 豪志 著
ポプラ社
255p 1.400円(税別)


ニュースイッチオリジナル
情報工場

冨岡 桂子

冨岡 桂子
12月02日
この記事のファシリテーター

 起業して新しいビジネスを始めた当初は、誰もが共感してくれるわけではないのが、むしろ普通だろう。ほとんど誰にも理解されなかったベンチャー創業者も少なくないのではないだろうか。ベンチャーには、そんな四面楚歌の状況でも、ぶれない信念をもってひたすら前に進まなければならない過酷な道という側面もある。だからこそ、数こそ少なくても最初に共感してくれる人は大切にすべきなのだ。そして共感してもらえる人数を少しずつ増やしていき、最後に大きな渦を巻き起こす。そんなベンチャーが出てくることを期待したい。

この記事にコメントする

山口 豪志
山口 豪志
12月02日
ドラマになる話が、ベンチャー企業の初期には山ほどある。
その一端を垣間見たり、体験したりすると、その中毒になってしまう。

ベンチャー企業の初期には困難もやほどあるが、そのトンネルを抜けた先には、とてつもない光が待っている。

挑戦者たちの飽くなき探究心とともに、燃え続けたいものだ。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。