テスラは購買行動をイメージさせる

新型のスポーツカーとトラック発売へ

  • 0
  • 0
テスラ公式サイトより
 米テスラは16日(米国時間)、2020年に発売予定のスポーツカータイプの電気自動車(EV)「ロードスター」の新モデルを発表した。価格は20万ドル(約2250万円)から。4人乗り、航続距離は1回の充電で約1000キロメートル。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「ものすごいものになる」と語った。

 新型スポーツカーは、最高時速は250マイル(時速約400キロメートル)。停止状態から時速60マイル(時速約96キロメートル)までわずか1.9秒と平均的なF1カーよりも速いという。

 一方、同社初となる電動トラック「テスラ・セミ」の試作車も披露した。19年に生産を開始する。すでに予約が始まっており、小売り大手ウォルマート・ストアーズも注文したという。
テスラ公式サイトより

COMMENT

土田智憲
かねひろ

以前、イーロン・マスク氏が、一般普及モデルであるテスラモデル3の発表会の時に、「このテスラを普及できるのは、スポーツカーモデルのテスラを買ってくださったみなさんのおかげです!」というような旨を発言していた。そして今度は物流革命・働き方革命にもつながりそうな、セミトラックの発表。自分たちの購買行動が、私たち自身の生活を変えていくイメージができる。ビジネスで社会を変えていくというのは、こういう動きのことを言うのかもしれない。

関連する記事はこちら

特集