パナソニック、欧州の冷蔵庫・洗濯機から撤退

現地メーカーに勝てず。調理・美容家電などに集中

 【独ヴィースバーデン=錦織承平】パナソニックは欧州の冷蔵庫と洗濯機の事業から撤退する方針を固めた。スロベニアの家電大手、ゴレーネに委託していた両製品の生産を終了した。同市場は独BSHやスウェーデン・エレクトロラックスといった現地メーカーが強く、シェアを拡大できなかった。ゴレーネへのビルトインキッチンの生産委託は継続する。冷蔵庫と洗濯機は中国、東南アジア、インドに経営資源を集中する。

 同社はゴレーネと2013年に資本提携し、17年9月末時点で10%超を出資している。16年に出資を過半に増やして子会社化することを検討したが、断念している。冷蔵庫と洗濯機の販売は流通在庫がなくなり次第、終了する見通しだ。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2017年10月12日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
10月12日
この記事のファシリテーター

パナソニックの欧州事業は全体の47%を占める車載・産業用機器が成長をけん引し、かつて主力だったテレビを含む家電事業(エアコンは除く)は26%程度に低下している。今後、家電はデジタルカメラ、調理家電、美容家電を拡大して事業規模を維持する考え。
(日刊工業新聞大阪支社・錦織承平)

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。