JOLED、印刷式有機EL量産へ。1000億円調達

第三者割当増資で資金調達

 ジャパンディスプレイ(JDI)の関連会社であるJOLED(東京都千代田区、東入来信博社長、03・5280・1600)は第三者割当増資を実施し、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)の量産に向け資金調達をする方針を固めた。JDI能美工場(石川県能美市)で計画する印刷式有機ELディスプレーの量産向けで1000億円前後とみられる。量産開始は2019年半ば以降を想定している。

 近く、JOLEDが増資に向けた具体的な作業に入る見通し。実用レベルの印刷式有機ELディスプレーを手がけるのは同社のみで、その技術には高い関心が集まっている。顧客やパネルメーカーなど国内外の複数の企業が出資候補者として名乗り出そうだ。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2017年10月4日

政年 佐貴惠

政年 佐貴惠
10月04日
この記事のファシリテーター

現在、有機ELパネルの製造には、気化した有機EL材料を型を使って塗り分ける蒸着方式と、必要な部分に有機EL材料を印刷する方式がある。印刷方式は型や真空環境が不要で、蒸着方式よりも製造コストを削減できる。JOLEDは自社ラインでの量産に加え、パネルメーカーなどと技術ライセンスを結んで量産体制を整備する方針だ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。