三菱ふそう、世界初の量産型電気小型トラックを日米欧に投入

20年までに中・大型トラックでの電動車両も

  • 1
  • 0
北米仕様車の電気小型トラック「eキャンター」
 三菱ふそうトラック・バスは、世界初の量産型電気小型トラック「eキャンター」を米ニューヨーク市で発表した。2017年度から日米欧市場に投入する。

 国内向け車両は5月から川崎工場(川崎市中原区)で、欧米向けは7月から同社のトラマガル工場(ポルトガル)で生産を開始した。現在の受注数は150台。三菱ふそうは今後2年間で、さらに500台の生産を計画する。

 北米向けに発表したeキャンターは、車両総重量(GVW)7・5トンクラスの車両。1時間の直流急速充電で100キロメートル以上の航続距離を実現した。電気駆動システムには、最大出力129キロワットのモーターと360ボルトの高電圧リチウムイオンバッテリーパック6個を搭載した。三菱ふそうは、従来のディーゼル車両と比べ走行1万キロメートル当たり最大1000ユーロ(約13万円)のコスト削減が可能とみている。

日刊工業新聞2017年9月19日

COMMENT

川崎工場では17年内に50台を生産し、そのうち25台はセブン―イレブン・ジャパンでの採用が決まっている。北米では米物流大手UPSに納入する。三菱ふそうは19年からはディーラー販売向けの車両を量産する。また20年までに小型トラックに加え、中・大型トラックでの電動車両の導入も計画している。 (日刊工業新聞第一産業部・尾内淳憲)

関連する記事はこちら

特集