東芝、量子暗号通信で速度13.7Mbps達成。20年に実用化へ

 東芝は、量子暗号通信で毎秒13・7メガビット(メガは100万)の暗号鍵配信速度を実現する技術を開発した。同社のこれまでの最高速度である同1・9メガビットの約7倍となり、世界トップとしている。今後、東芝はさらなる高速化や周辺技術の向上に取り組み、量子暗号通信を2020年頃に実用化していく考え。

 東芝は距離10キロメートルの条件下で、毎秒13・7メガビットの鍵配信速度を達成した。専用回路を用いたハードウエアを開発したり、誤り訂正方式を工夫したりした。またデータ変換を多並列処理化し、暗号鍵を生成する速度を高めた。

 量子暗号通信は、光の粒子「光子」1個に1ビットのデータを載せて配信する。盗聴されると光子の状態が変化し、確実に盗聴を認識できるため、安全性を担保しやすいとされる。

 医療関連など秘匿性の高いデータ通信に適している。暗号鍵の配信速度向上などが課題で、まだ普及に至っていない。

日刊工業新聞2017年9月18日

明 豊

明 豊
09月18日
この記事のファシリテーター

東芝は鍵配信速度について、10年に距離50キロメートルの条件下で毎秒1メガビット、16年に同35キロメートルの条件下で同1・9メガビットを実現した。現在の経営のゴタゴタを早く終息させ、全社的に技術者の流出も抑えないといけない。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。