上野はパンダだけじゃない!「おとなパルコ」にシネコンも登場

松坂屋上野店の南館跡地に「上野フロンティアタワー」11月開業

  • 1
  • 3
 J・フロントリテイリングなどは14日、松坂屋上野店(東京都台東区)の南館跡地で、高層複合商業施設「上野フロンティアタワー」を11月4日に開業すると発表した。地下1階は松坂屋、1階から6階はパルコ、7階から10階はシネマコンプレックス、12階から22階は賃貸オフィスが入居する。会見したJ・フロントの山本良一社長は「異文化結合の挑戦だ」と述べた。
 大丸松坂屋百貨店の好本達也社長は「新たなランドマークを生むことで街の活性化に貢献したい」と話した。地下1階の松坂屋には観光案内所を設ける。
 パルコは30-50代向けに食と化粧品を中心にした新業態「パルコヤ」を運営する。牧山浩三社長は「大人のたまり場をコンセプトにした」とした。
 J・フロントは森ビルなどと東京・銀座で、松坂屋銀座店跡地を複合商業施設「ギンザシックス」として4月に開いた。19年には渋谷パルコ(同渋谷区)と大丸心斎橋店新本館(大阪市中央区)の開業を予定している。

COMMENT

江上佑美子
編集局第二産業部
記者

上野動物園で6月に生まれたパンダは体重が5キログラムを超え、上野や御徒町はパンダバブルに沸いています。上野フロンティアタワーの会見に登壇し、パンダの名前選考委員も務める二木忠男上野観光連盟会長は「通信販売が進化している中で、街に足を運んでもらうきっかけになる」と周辺の回遊性創出に期待していました。

関連する記事はこちら

特集