太陽誘電が2021年度に量産する全固体電池の実力

太陽誘電は全固体リチウムイオン二次電池(全固体電池=写真)を開発した。独自の酸化物系固体電解質セラミックスを使い、積層プロセスを応用することで、固体電解質の薄層化や多積層化を実現。小型化・大容量化を両立した。スマートウオッチなどウエアラブル端末などでの使用を想定する。2020年度中にサンプル出荷を始め、21年度中の量産を目指す。 主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)で培った材料技術やプロセス技術を応用して実現した。大気に含まれる水分や二酸化炭素とほとんど反応せず、電解液を使用していないため、燃える心配がない。 MLCCと同等規格で、幅4・5ミリ×奥行き3・2ミリメートルの「4532」サイズから同1・0ミリ×同0・5ミリメートルの「1005」サイズを中心にそろえる。既存のMLCC工場の製造工程を転用し、量産後、数年内に月10万個の生産体制を目指す。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集