石炭発電をバイオマスに転換する興味深い理由

中部電力と三菱商事パワー(東京都千代田区)、日本製紙の共同出資会社である鈴川エネルギーセンター(静岡県富士市)は、発電事業を石炭発電からバイオマス発電に転換する。木質ペレットと重油を燃料とする発電出力8万5400キロワットのバイオマス発電所を2022年4月に稼働する予定。環境負荷低減につなげる。 バイオマス発電での年間発電量は一般家庭約19万2000世帯分に相当する約6億キロワット時を想定している。燃料貯蔵設備は新設し、ボイラーやタービン発電機などは既存設備を活用する。プロジェクトファイナンスを組成する。 現在の石炭発電設備は16年の稼働で、定格出力は11万2000キロワット。バイオマス発電への転換で年間約67万トンの二酸化炭素排出量削減を見込む。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集