トヨタの国内全工場が通常稼働再開

  • 0
  • 1

トヨタ自動車は、13日から国内全14工場28ラインで通常稼働を始めた。全工場が通常稼働するのは5月31日以来。新型コロナウイルス感染症に伴う中国・上海のロックダウン(都市封鎖)による部品不足の影響で、10日まで一部工場の稼働を停止していた。6月に入り都市封鎖が解除されたこともあり、部品調達への影響が緩和された。6月は世界で80万台という高水準の生産を計画しており、部品調達状況などを注視しながら生産を進める方針だ。

日刊工業新聞2022年6月14日

キーワード
トヨタ自動車

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる