植物園で試験運用、スズキの電動アシストカートが面白い

  • 0
  • 0

スズキは、電動アシストカート「KUPO(クーポ)=写真」の試験運用を浜松市西区の植物園「はままつフラワーパーク」で始めた。利用者に園内移動で体験試乗してもらい、利便性を検証する。浜松市、浜松市花みどり振興財団(同)と連携して行う。期間は12月下旬まで。

クーポは歩行を補助するほか、電動車いすとして乗車しての移動も可能な活動支援モビリティー。2018年のコンセプトモデル発表以降、改良を重ねており現行モデルは4代目となる。体験試乗を通じてクーポを紹介しつつ、幅広い消費者層から直接意見を聞いて改良や今後の商品開発に結びつける。

日刊工業新聞2021年12月1日

関連する記事はこちら

特集