新たな治療薬候補、新型コロナの増殖を抑制する「VHH抗体」とは?

  • 1
  • 4
新型コロナウイルスのデルタ株(国立感染症研究所提供)

北里大学や花王などの研究グループは、研究中のVHH抗体について、ハムスターの鼻に投与した実験の結果、新型コロナウイルスの肺における増殖を抑制する効果を確認した。新型コロナ感染症治療薬としてのVHH抗体の可能性が前進したほか、経鼻投与で治療の選択肢を広げることにもつながるという。

研究グループを構成するのは北里大、花王のほか、イプシロンモレキュラーエンジニアリング(EME、さいたま市桜区)と新たに加わった慶応義塾大学医学部、自然科学研究機構生理学研究所。

感染後、VHH抗体を投与しなかったハムスターは体重が減ったのに対し、投与したハムスターは体重が減少しなかった。投与した個体のウイルス量が少ないことも確認した。

感染初期に増殖が顕著な鼻咽頭、口腔、肺に直接、治療薬を投与すれば効率良く治療できると期待される。さらに、感染前の投与によって症状の緩和やウイルスの増殖を抑える予防薬としても使える可能性もあるという。

人工合成するVHH抗体は一般的な抗体に比べ10分の1と小型で細胞の狭い部分に入り込めるほか、低コストの生産も可能。設計の自由度も高い。研究グループは2020年、新型コロナに対する感染抑制能を持ったVHH抗体の取得に成功している。

日本医療研究開発機構(AMED)に採択された次世代型治療薬を目指すVHHナノ抗体薬の中で開発を進め、3年後をめどに臨床試験を目指す方針。

日刊工業新聞2012年11月17日

キーワード
コロナ 新型コロナ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる