EV攻勢の序章に、ホンダが北米で投入するSUVに付けた名称

  • 0
  • 0
ホンダが北米で発売する電動スポーツ用多目的車「プロローグ」のロゴ(同社提供)

ホンダは、北米地域における電気自動車(EV)の量販モデル第1弾となるスポーツ多目的車(SUV)の名称を、「プロローグ」に決めた。ホンダブランドで2024年の初めに発売する。

24年中には高級車ブランド「アキュラ」のEVのSUVの概要も公表する。両モデルは米ゼネラルモーターズ(GM)との共同開発でGMのバッテリー「アルティウム」を採用する。ホンダとGMは20年に、ホンダ向けEVの共同開発に合意した。

ホンダは50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向け、北米ではEV・燃料電池車(FCV)の販売比率を30年に40%、35年に80%、40年に100%にする目標を掲げる。プロローグを、その実現に向けた先駆けとなるモデルに位置付ける。

日刊工業新聞2021年6月30日

キーワード
ホンダ プロローグ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる