挑戦しないで何が人生だ!“全裸監督”村西とおるの“狂熱”に迫る

全文公開 約1万字 ロングインタビュー

  • 0
  • 7

村西とおる-。常識にとらわれない斬新な発想で一世を風靡した、アダルトビデオ(AV)監督だ。前科7犯。借金50億円。米国で懲役370年を求刑されたこともある。昭和最後のエロゴト師。恥知らず。人でなし-。その特異な存在を表現する異名は数知れない。2019年には、その生き様を描いた作品『全裸監督』が山田孝之さん主演で世界最大級の動画配信サービス「NETFLIX」で映像化、全世界に配信されたほか、北海道を舞台とする撮影現場を実録したドキュメンタリー映画『村西とおる 狂熱の日々』も公開された。再び脚光を浴びる“AVの帝王”が明かすその生き様を支える信念や、萎縮する日本社会やメディアへの濃厚で熱い想いとは・・・。

―監督、本日はよろしくお願いします。

お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。今日はよろしくお願いします。ナイスですね~。

―いきなり飛ばしますね(笑)。『全裸監督』の大ヒットや『狂熱の日々』の公開をきっかけに、再び注目を集めています。

ウチの女房なんか、「何が起きるか分からないから、もうやめてちょうだい。前科7犯が8犯になるかもしれないと思うと心配で仕方ない」と言うんですよ。だから私は、「お呼びがかかっているうちが華だよ。71歳っていったら、世間のみなさまはそりゃ年金生活でマイペースかもしれないが、一方では、こけつまろびつ、まろびつこけつしながらなんとか生きている人もいるかしれない。そういう人たちにとって、少しでもお力になれるなら、私の前科7犯の意味があるだろう」と言って聞かせるんですよ。


「どん底に落ちた時、一つだけ方法がある」

―71歳とは思えないエネルギーが満ちあふれていますよね。

私なんか本当は年金生活なんですよ。それでもこうして私のお尻の穴まで、ご開帳している。ただね、生き恥をさらしているんだけど、皆さんご承知のように、これから先の人生、40、50、60歳と続くと、人間だから残念なことに必ず失敗するもんですよ。そのときにどうしたらいいかというと、誰かの人生論を読んでも何の力にもならないんですよ。(ソフトバンクの)孫さんや(ユニクロの)柳井さんの成功みたいなものは、宝くじに当たったようなもんだ。我々はやっぱり希望を失ってしまって、にっちもさっちもいかない人生を日々生きてる。どん底に落ちて、「アヘアへ、アヘアヘ」と出したらいけない声を出しているときにどうしたらいいかと。それには一つだけ方法がある。

―何でしょうか。

例えば大海原にボートを漕ぎだしたら、嵐になって灯台がどこにあるか分からない、それでも必死に漕いでると力尽きてきて、もうやめようかなと思う時がくる。そのときにふっと隣を見るんですよ。すると私が、71歳のオヤジが板きれ1枚にしがみついて、必死こいて泳いでいるんですよ。それを見たら、「いやいや、俺のボートもボートだけど、あのオヤジは板きれ1枚だぞ。まだまだ俺の方がましだ。もうちょっと頑張ってみようか」となる(笑)。

―監督の生き様を見ることで、再び生きる力を得られるわけですね。

今はそういうことを訴えるような、感じさせる存在がいないんですよ。だから周囲を見渡して、すぐに「ダメだ」と諦めちゃう。社会の方も挑戦して1回失敗した人間を相手にしない。そういう社会だと挑戦しようとする人はいなくなりますよ。向こう傷を負わないように閉塞感の中で生きてるから、気がついたら中国のGDPは30倍くらいになったのに、我が国は2%位しか経済成長できていない。こんな国なら革命が起きてもおかしくないですよ。それでも日本人はなぜか幸せそうだ。だって右も左も一緒だから。

中国はちがうよ、自助努力だもん。人をだましても、たぶらかしても生き抜こうというようなバイタリティーにあふれている。10年も経たないうちに、あなたの奥さんやウチの女房なんかも、中国におさんどんで小間使いで行かなきゃならないような時代がすぐそこに来ている。日本人は向こう傷や挑戦を嫌うが、挑戦しないことがリスクだ。2度とない人生だ。そういう萎縮している日本人の皆さまには、私の、この大馬鹿野郎の、前科7犯、借金50億という存在がいるんです!


「死にたくなったら下を見ろ、俺がいる」

―人生の絶頂とどん底を経験した村西監督だからこそ言える言葉ですね。

この地球上にはいろんな人がいるだろうけど、私は実は死刑囚をうらやましいと思ったことがあるんですよ(笑)。アメリカで懲役370年を求刑された時です。4回死んでもまだ日本に帰れないかと思うと、腰がぬけましたよ。「本当かよ」と。10年や20年なら構わないけど、370年って・・・。米国の連邦裁判所の大法廷ですよ。立ち眩みしちゃいますよ。

なまじ、日本で捕まった経験があるもんだから、検察に起訴されると99%有罪になると思っているもんだから、おかしくなっちゃう。そういう経験をしながら今日を生きている人間でないと皆さんに語れない、ご提案できないことがある。記者のあなたも、私に知り合っただけで何百億円の価値、財産をもらったようなもんだよ。挑戦して失敗しときにも、「あれ、あのとき10年、20年前にあの71歳の村西が喚いてたな、叫んでたな。だから俺なんかまだ大丈夫だ」と思える(笑)。こういう存在が必要なの。

―「死にたくなったら下を見ろ、俺がいるぞ!」というわけですね。

自分のご尊顔を鏡で見てください。運に見放された顔してるでしょう?全員がそうですよ。あるのは努力しかないんだよ!人生には努力しかないという現実を直視しないといけない。私もメイクした自分の顔を見るのが嫌なんだよ。豚面したチビでデブのハゲ茶瓶なのに、公衆便所で自分の顔を見て、惚れ惚れとして、「よし!」と出て行くんだけど、おまえどこが「よし!」なんだよと(笑)。人間はそういう風に自分がかわいくてしようがないが、一度頓挫するとアクシデントに弱くてもろい。もはやこれまでと、すごく早く諦めてしまう。そういうときに、「まだまだだよ」という人が少なすぎる。それが、どっこいいるんだよ、俺なんだよ(笑)。

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる