かわいい殺虫剤、犬用おっとっと…意外性で仕掛ける日用品メーカー

「インパクト」重視、新製品開発で目の付け所はさまざま

 大手日用品メーカーが、一ひねりした“意外な新製品”を相次いで投入している。アース製薬は「殺虫剤」に「かわいい」を組み合わせた新ブランドを立ち上げたほか、エステーは「臭い」を取る「紙」を開発。ユニ・チャームは森永製菓と共同でロングセラー菓子「おっとっと」から「犬専用の菓子」を発売した。思わず人に教えたくなるようなインパクトのある商品は、消費者の注目を集めやすい。大手メーカー各社は商品にあの手この手の仕掛けを施し、販売拡大を狙う。

 アース製薬は20―30代女性をターゲットに、かわいい殺虫剤ブランド「QunQum(キュンキュン)」シリーズを投入した。ピンクと紺を基調としたパッケージデザインが特徴で“大人かわいい”がコンセプトだ。

 同社によると、2016年の殺虫剤市場は、前年比5・8%増と微増。殺虫剤購入者の年代を分析した結果、20代女性の年代別購入者率の割合が低いことが分かった。そこで、この層に「潜在需要が眠っている」(マーケティング総合企画本部ブランドマーケティング部の濱本玲奈係長)と見て、商品開発に取り組んだ。

 普段、殺虫剤は棚などにしまわれがちなため、部屋のインテリアとして置きたくなるようなデザインを目指した。リボンを大きくあしらうなど、店頭で競合製品よりも目立たせる効果も狙った。「初年度販売目標は5億円」(同)と市場の活性化に期待を寄せる。

 エステーが「新剤型の“紙タイプ”にチャレンジした」(笠井和彦第3事業本部ホームケア事業部事業部長兼e―ビジネス事業部事業部長)のは、炭で消臭する消臭剤「脱臭炭」ブランドの新製品だ。

 これまでの脱臭炭は炭を練り込んだゼリー状だったが、新たにロール紙タイプの脱臭剤「脱臭炭 ニオイとり紙」を発売した。
エステーが発売したロール紙タイプの脱臭剤「脱臭炭 ニオイとり紙」

 紙は「包む、かぶせる、丸めて詰めるなど使い方が自由自在」(同)。無数のミクロの穴で悪臭成分を吸着する炭を、独自の製法で紙に配合した。

 脱臭シートを必要な長さに切り取り、生ごみや靴といったにおいが気になる場所に入れて手軽に使用できる。初年度販売目標は50万個。

 1982年に誕生した森永製菓のロングセラー菓子「おっとっと」から、17年春に誕生したのは犬専用の菓子「グラン・デリ ワンちゃん専用 おっとっと」だ。

 ユニ・チャームが森永製菓と共同開発した。従来の製菓技術をベースに犬が好むチキンパウダーをコーティングしたほか、見た目も楽しめる。

 ユニ・チャームは「近年、ペットを家族の一員と考える飼い主が増えている」と、開発の背景を説明する。そこで「人のおやつで知名度が高く、(犬も好む)カリッとした食感」(同社)のおっとっとから新商品を発売した。
グラン・デリ ワンちゃん専用 おっとっと

(文=山下絵梨)

日刊工業新聞2017年4月13日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
04月19日
この記事のファシリテーター

面白さや親しみやすさ、利便性など各社の新製品開発の目の付け所はさまざま。ヒット商品となるか、勝負所だ。
(日刊工業新聞第ニ産業部・山下絵梨)

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。