ゼンリン、足かけ65年で全国の住宅地図帳コンプリート。最後に残っていたのはどこ?

新規出版は13年ぶり

  • 1
  • 17
ゼンリン公式ページより
 ゼンリンは東京都の島しょ部7村の住宅地図帳を、初めて出版した。住宅地図帳の新規出版は13年ぶり。今回の出版により、北海道の北方四島を除く日本全国1741市区町村の住宅地図をすべてそろえた。

 今回出版したのは「利島村・新島村・神津島村」と「八丈町・青ケ島村」「三宅村・御蔵島村=写真」「小笠原村」の4冊。消費税抜きの価格は9000―1万円。

 同社の住宅地図帳は現地調査をもとに、建物の名称や住宅の居住者、番地などの情報を1軒・1戸ごとに詳しく掲載しているのが特徴。地方自治体や電気・水道などの公共サービス、不動産、建設といった幅広い業種・業務で利用されている。

 災害時には救援活動や被災エリアの復旧・復興にも活躍している。1952年に出版した大分県別府市の地図帳が最初で、順次エリアを広げてきた。
                 

日刊工業新聞2017年6月21日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

住宅地図帳はゼンリンの調査スタッフが現地調査をして作成しているそう。建物名だけでなく、アパートやマンションの入居者名まで記載されているとあり、驚きました。

関連する記事はこちら

特集