38年ぶり“昭和の名車”整備・復元へ

「デハ230形」、京急がOBの知見生かす

  • 0
  • 2
 38年ぶりに出発進行―。京浜急行電鉄は2019年秋に移転する新本社(横浜市西区)1階で車両を保存・展示するため、1979年(昭54)に埼玉県川口市に譲渡し保存されていた車両「デハ230形」を帰属させる準備を始めた。

 同車両は京急の前身である湘南電気鉄道で「デ1形」として1930年(昭5)から運行。川崎車両兵庫工場(現川崎重工業)の設計による軽量で丈夫な車体構造の“昭和の名車”。24日未明に総合車両製作所(横浜市金沢区)に運び込まれ、OBなどの知見を生かしながら整備・復元される。
                     

               

日刊工業新聞2017年5月24日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

くわしくないのでこれだけではさっぱり分からないが、鉄オタの人にはワクワクなのだろう。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる