【囲碁棋士×AI棋士#03】Zen開発者、称賛するようなことはしてくれるな

加藤英樹氏に聞く「在野研究の振興より先にやるべきことがある」

  • 1
  • 2
加藤氏

深層学習、スマホに搭載


 ―Zenもサービス化に向け、計算資源の制約があります。
 「深層学習自体は数年後にはスマートフォンにも搭載されるだろう。深層学習の学習は難しくても、(学習結果を使った)推論はできるようになる。現在は浮動小数点のものすごい量の計算をしているが、新しい計算手法が出てきた。計算量は減らせる」

 「いまは32ビットだが、16ビットは確実に、おそらく8ビットまで落とせるだろう。消費電力は10分の1以下になる。深層学習用のチップの開発も進んでいて、アナログ式も出てくる。任天堂の次期携帯ゲーム端末にもハイエンドなビデオカードが入る。電池の持ちは心配だが、スマホでも深層学習の人工知能(AI)は動くようになる」

 ―棋士からのニーズで多いのが、手を議論できるAIです。AIの思考がわかれば指導碁に使えます。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどの可視化ソフトは有効ですか?
 「BIツールである程度はいける。Zenには可視化機能を入れてこなかった。囲碁AIが教育や囲碁普及に貢献するにはインターフェースが重要だ。ただ正解がない。トップ棋士は手を五つも示せば十分狙いがわかる。一般の人は読み筋や筋ごとの優劣も示した方が良いかもしれない」

 「ただ勝率のヒストグラムを表示して、ある手で勝率が1%上昇しても、その一手にどんな意味があるのかは素人にはわからない。勝率も2目差で90%と、8目差でも50%など説明が難しい。AIは勝率で動くが、人間は地合いで動く。言葉に直すのはとても難しい。その点、棋士の手を理解する力はすさまじい。インターフェースはユーザーと作っていくしかないだろう」

「日本には科学がない」


 ―原理的に人工知能(AI)は新しい手を創造できるのでしょうか。
 「創造とは既存のモノと違っていて、価値があるモノだ。AIが学習できる棋譜はデータになっているもので、人類が打ってきたすべての手ではない。棋士が思いつかない手はいくつも打っている。価値があるかは人間が決める。ただ価値があるように計算してつくることはできる。文学に例えると直木賞作品だろうか。芥川賞のように独自の世界を追求していて結果、評価されるような手は難しい。深層学習で大衆小説は書けるが、孤高の作品や純文学は難しい」

 「少し詳しく説明すると深層学習は、非線形の連続関数を折れ線で近似して、多層の学習ができるようになった。ただ折れ線近似は0か1かを扱えず、論理関数を学習できない。技術者としては排他的論理和(XOR)を捨てて深層学習をとった。AIが学習する手と、学習して打つ手は境界があいまいで、完全に新しい手といえるかどうかは難しい」

 ―在野研究者の活躍は市民参加型の学術につながると思います。
 「在野だからといって悠々自適に研究できる訳ではない。Zenが棋士に勝てるようになり成功例として持ち上げられているが、他人には勧められない。妻には『周りに踊らされているのよ』と言われている。事実その通りだ。巡り合いが大きく、(一緒にZenを開発した)尾島陽児さんや棋士の先生方、ドワンゴの川上量生会長。周囲を動かしてくれる人に恵まれた」

 「まじめにコツコツやっても成功するかはわからない。特殊相対性理論も、その時期に似た論文が3報出ていてアインシュタインが最初だった。企業や大学で研究した方がずっと楽だ」

 「長期の基礎研究は大学、大規模な研究開発は企業でやるべきだ。どちらも余裕がなくなっているが、在野は代わりになれない。在野の研究者を生かすにはパトロンとなる貴族や財閥が必要だ。在野の振興より先に教育など、やるべきことはある。だがたくさん研究者がいるにもかかわらず、日本には科学がない」

 「社会をつくるために在野が貢献できることはあるのかもしれない。ライト兄弟もいわば在野の研究者だ。Zenは囲碁界に貢献できそうだ。AI化すれば空洞化のリスクはある。ただ棋士の先生方のように、うまく使えばともに進化できる。囲碁と同じことが他の分野でも起こせるかもしれない」
(聞き手=小寺貴之)
(おわり)

COMMENT

アルファ碁の登場まで、囲碁AIは手弁当で開発が進められてきました。日本に限らず世界的に大学の研究者や在野の技術者が個人ベースで研究していました。加藤先生は在野の研究者で尾島先生と、棋士の方々に協力してもらいながらコツコツAIを育ててきました。企業や大学に所属していなくても腕次第でここまでやれると示しつつ、その大変さが身に染みていて「我々を称賛するようなことはしてくれるな。在野研究を人に勧めてはダメだ」と釘を刺します。それでも日本の在野研究者の厚みが、すぐには儲からない科学や技術を支えているのだと思います。 (日刊工業新聞科学技術部・小寺貴之)

関連する記事はこちら

特集