「小売自由化」で電力とガス統合の可能性が。数社の「総合エネルギー企業」に収れんか

<情報工場 「読学」のススメ#11>『検証 電力ビジネス」(井熊 均 編著)

  • 0
  • 1

「日本の強み」を生かせるバイオエネルギーが将来有望


 『検証 電力ビジネス』では、再生可能エネルギー導入の促進という、エネルギー市場が向かっている基本的な方向は間違っていないと強調している。そして、再生可能エネルギーは「太陽光」と「風力」を基本とするのが世界の趨勢であり、日本もそうするべきだとする一方で、有望なものとして「バイオエネルギー」を挙げている。ドイツでも、供給が不安定な太陽光や風力を補完するものとしてバイオマス発電を推進しているとのことだ。

 日本でも、木質バイオマスを中心に、発電事業者が急増しているという。日本には林業の基盤があるため、燃料の供給体制が確立されている。そして、もう一つ、日本の強みを生かせるのが「廃棄物発電」だ。一般廃棄物処理に関しては、日本は世界でもっとも高度に普及しており、技術も発達しているからだという。

 さらに言えば、「藻類バイオ」の研究開発も、日本では世界に先んじている。たとえば株式会社ユーグレナによるユーグレナ(ミドリムシ)の燃料化、筑波大学を中心とした「藻類産業創生コンソーシアム」による産官学連携研究などだ。

 このような「日本の強み」を生かしたエネルギー開発、電力ビジネスを推進していくべきだろう。ドイツなどの先進事例を参考にしつつも、独自の技術開発や政策を進めていく。まずは、すべての産業を見渡し、自らの強みを冷静に再確認することから始めるべきではないだろうか。

(文=情報工場「SERENDIP」編集部)


『検証 電力ビジネス -勝者と敗者の分岐点』
井熊 均 編著 日刊工業新聞社
184p 1,800円(税別)

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

冨岡 桂子
情報工場

経済産業省が電力自由化前に行った調査で「あなたは、今後、電気の購入先の変更を検討したいと思いますか」という電力会社の乗り換えの意向については、「すぐにでも変更したい」(2.8%)、「変更することを前提に検討したい」(20.9%)、「検討するが、変更するかどうかはわからない」(56.3%)という回答で、80%の人が、少なくとも乗り換えの検討をする意向を示していました。総契約数の約2割が乗り換えということは、残りは乗り換えても本当にメリットがあるのか、安定性と価格を様子見というところでしょうか。今後、本著に描かれているように二極化するにしろ、そうでないにしろ、生活インフラとして「安定的で質が高くかつ安い電力の供給」を期待したいと思います。

関連する記事はこちら

特集