ニトリ「お値段以上!」維持に物流増強

国内1000店体制に。3拠点を新設しコストダウンへ

  • 0
  • 6
ニトリのロボット倉庫
 ニトリホールディングス(HD)は2018年までに国内で大型物流センター3拠点を新設する。同社は22年に国内1000店の出店目標を掲げて都内や西日本地区で出店を加速しており、今後の物流量の増加に対応する。また製造小売業(SPA)である同社にとって円安進行は業績への影響が大きいことから、為替変動リスクに備えてコストを削減し、体質の強化を進める狙いだ。

 新設する物流拠点は17年に「神戸物流センター」、18年に同社で最大規模となる「幸手物流センター(埼玉県幸手市)」、「名古屋物流センター」の3拠点で、敷地面積は約3万―10万平方メートルの規模。センター名はいずれも仮称。

 同社はすでに首都圏や、関西圏などに計10カ所の物流センターを展開している。しかし、前期(16年2月期)は国内に大小合わせ40店を出店するなど、今後も国内1000店体制に向け高水準の出店が続く見通し。

 特に首都圏では都心部への積極出店を計画しているほか、西日本地区の合計店舗数(同)はすでに197店となり、東日本地区の店舗数を上回ってきたため、名古屋や神戸にセンター新設で物流量の増加に対応する。

 同社は製品の海外生産比率が高い。今後一段の円安は想定しづらいとみるが、物流体制の整備でコスト上昇を抑える。同社ではインターネット通販向けの省人化の物流拠点も新設している。

<関連記事>
ニトリ通販、ロボットが入出庫します!

日刊工業新聞2016年4月1日生活面

COMMENT

「お値段以上」を維持するには不断のコスト改革が欠かせません。とくに、同社は海外での生産比率が他大手チェーンに比べ高く、為替の円安傾向は業績に影響します。コストがかかる国内物流をどう組み立てるかは海外生産比率が高く、家具など大型商品の取り扱う同社のようなビジネスモデルとしての課題でもあります。

関連する記事はこちら

特集