日銀のマイナス金利、地銀への影響は?深刻な運用難に直面

「足元の収益見通しは良いが、再編も一つの手段」(地銀協会長)

  • 0
  • 0
 全国地方銀行協会の寺沢辰麿会長(横浜銀行頭取)は16日、定例の記者会見を開き、日銀が2月に導入したマイナス金利政策の銀行収益の影響について「イールドカーブ(利回り曲線)が下がり、かなりの影響が出る」と述べた。

 地銀の収益構造について「(地銀各行の)足元の収益見通しは良いが、有価証券の配当や運用益、与信コストの低下、株式売却益などで経常利益や当期利益を維持している」と指摘し、利ざやの更なる低下に懸念を示した。

 地銀を取り巻く環境については、「地方経済は人口減少や高齢化にどう対応するのかが(各行の経営者にとって)重要な経営課題になる」と語り、「再編も一つの手段」とした。

<関連記事>
激震マイナス金利!地銀は難局をしのげるか
地銀のメガバンクへの預金がじわり進行中
九州の銀行は国盗り合戦。沖縄を含めた再編の可能性も

日刊工業新聞2016年3月17日金融面

COMMENT

安東泰志
ニューホライズンキャピタル
会長

日銀当座預金の超過準備へのマイナス金利適用については、適用額が逓増するものの、額は少ないので銀行収益への直接の影響は小さいように見えるが、金利水準全般の低下とフラット化により資金利鞘は大きく縮小する。預金へのマイナス金利適用は政治的に困難ゆえ、預貸率が低い地域金融機関は深刻な運用難に直面している。今後マイナス金利幅が更に拡大する場合、その影響は無視できないものになる可能性がある。

関連する記事はこちら

特集