「おひとりさま」増加―キユーピー、食生活の実態調査

  • 1
  • 1
 キユーピーは20―69歳の単身者を対象とした2014年度の食生活の実態調査をまとめた。平日の昼食を「自分だけで食べた」割合が3年前の前回調査より5・4ポイント増えて76・6%になり、「職場関係の人と一緒に食べた」が6・3ポイント減少し16・8%になるなど、個食化が一段と進んだ。性別、年代別では40―60代の男性が特に個食の割合が高かった。「外食をする」と答えた人でも「だれと利用することが多いか」との問いに、自分ひとりとする回答が朝食、昼食、夕食のすべてで半数を超えた。休日の外食でも、ひとりで食べる傾向がみられた。ひとり外食は、特に20代男女で増加傾向がみられ、外食店による1人用鍋メニューなどの強化も背景にあるとしている。

日刊工業新聞2015年04月22日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

前回調査は2011年で、震災の影響から「ひとり化」が敬遠されたようです。今回は、前回調査比で「ひとり化」の傾向が顕著に表れたとも推察されます。 ひとり焼肉、ひとり居酒屋…「ひとり外食」に抵抗がなくなってきています。ひとり外食で撮った写真をSNSにアップ、スマホとにらめっこしながら食事…などというシーンをよく見かけるようになったなあと思います。

関連する記事はこちら

特集