荏原がメタバースに開設、3つの「専用バーチャル空間」の用途

  • 0
  • 0

荏原はメタバース(仮想空間)プラットフォーム「cluster」内に同社専用のバーチャル空間を構築した。同社の創業精神や技術などに触れられる「メインロビー」のほか、会議やイベントなどに使用する「ホワイトホールルーム」「オフィスルーム」の3種類の部屋で構成する。

今後、同空間で内定式やインターンシップ(就業体験)といった採用関連や営業関連のイベント実施を予定している。

キーワード
荏原 メタバース

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる