ステランティスが日本投入、小型商用バン「デュカト」が狙う市場

  • 0
  • 0

ステランティスジャパン(東京都港区、ポンタス・ヘグストロム社長)は、商用車ブランド「フィアットプロフェッショナル」の商用バン「デュカト=写真」を日本市場に投入した。キャンピングカーメーカー5社と正規販売代理店契約を締結し、専用の販売ネットワークを整備した。キャンピングカー市場を皮切りに拡販する。

デュカトは2020年と21年に欧州で小型商用車のベストセラーとなったモデル。日本では全長や全高の異なる3グレードを展開する。消費税込みの価格は未架装で469万円から。レジャー用と商用利用の双方のレイアウトに対応する。

正規販売代理店になったのは、ホワイトハウス(名古屋市名東区)、アールブイランド(茨城県常総市)、岡モータース(高松市)、トイファクトリー(岐阜県可児市)、ナッツ(福岡県遠賀町)。5社は店舗の整備を進め順次デュカトの架装を開始する。

日刊工業新聞2022年9月21日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる