次世代モビリティソフト開発加速…スズキが出資したスタートアップの正体

  • 0
  • 0

スズキは、豪スタートアップのアプライド・エレクトリック・ビークルズ(アプライドEV)に出資したと発表した。電動車両や超小型モビリティー、空飛ぶクルマなど次世代のモビリティー用ソフトウエア開発を加速する。ソフト関連技術の共同開発や事業シナジーの創出を目指す。出資額は非公表。両社は、協業を目指す基本合意書を2021年9月に締結。今回、広範な協業だけではなく出資に踏み込んだ。

アプライドEVは、ソフトにより車両の機能を高められる統合制御システムなどの技術を持つ。

日刊工業新聞2022年9月13日

キーワード
スズキ ソフトウエア

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる