キヤノンが「複合機」挽回生産へ、あの手この手で部品不足解消にめど

  • 1
  • 1
半導体や汎用部品不足への対応にめどがついたため、複合機などの挽回生産に入る

キヤノンは供給制限をかけてきた複合機やプリンターなどのプリンティング事業について、8月末から生産数量を引き上げ、販売台数を拡大する。世界的な半導体や部品の供給不足の影響で、多くのバックオーダー(入荷待ちの注文)を抱える中、供給数量を絞っていた。2021年10月ごろから約10カ月にわたって各部品不足への対応を進め、供給制限解除に向けた準備が整った。バックオーダーに対応し、22年下期の販売拡大につなげる。

自社仕様にカスタマイズした半導体や、複数機能を持つ汎用半導体、汎用部品の3種類について、それぞれ対応を進めてきた。その結果、部品不足に伴う供給制限を解除できるめどが立った。

カスタマイズした半導体に関しては、こまやかな交渉などを通じて供給体制の維持に務めてきた。また安定供給の実現に向けて、通常では対応しないような長期契約の締結や、買い取り保証といった対応を行う。

汎用半導体については、回路の再設計により、従来と異なる部品構成でも同じ機能を実現するように半年かけて対応を進めてきた。回路再設計に伴うソフトウエアの仕様変更も実施した。

コネクターやトランジスタ、集積回路(IC)などの汎用品不足への対処としては、コストアップにはつながるものの、普段取引のない商流からも同じ部品を納入してもらえるように開拓を進めた。

本間利夫副社長は「部品不足に伴って商品を供給できない状況は解除されつつあり、市場が要求する商品数を供給できる状態に入ってきた」と今後を見通す。

日刊工業新聞 2022年8月4日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる