【キーワード・30秒解説】鋳造

  • 0
  • 0
大量生産に向け金属の加工法

金属を高温で溶融し、型(鋳型)に流し込んで冷やし固めることで成形する加工法。成形品を鋳物と呼ぶ。鉄や鋼、アルミニウム合金、銅合金、マグネシウム合金、亜鉛合金などを使う。溶融金属を使うため複雑な形も作れる形状の自由度が高く、一つの鋳型で数多くの製品がつくれるため大量生産に向く。

トヨタ生産方式が支える、JMCが鋳造部品の生産能力を倍増
 脱炭素化加速へ、クボタが乗り出す鋳造部品工場の大改革
 「鋳物のデメリットが蒸留器ではメリットになった」ウイスキー蒸留器開発のストーリーが面白い

【「鋳造」の記事をもっと読みたい】

鋳造工程のイメージ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる