好調「工作機械受注」、伸びた需要は?

  • 0
  • 1
高稼働が続くDMG森精機の伊賀事業所(三重県伊賀市)

日本工作機械工業会(日工会)が発表した4月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比25・0%増の1549億9100万円で18カ月連続の増加となった。内外需ともに好調を持続し、2カ月連続で1500億円を上回った。4月として18年に次ぐ過去2番目の実績で、すべての月を通じても過去8番目の水準だ。

4月は通常、3月の期末効果の分が剝落する。今回も前月比は6・8%減と2カ月ぶりに減少したが、それを踏まえても、日工会では「十分に高い水準」(調査企画部)との認識を示した。

内訳は、内需が前年同月比47・5%増の532億1700万円で、14カ月連続の増加となった。前月比は11・7%減で3カ月ぶりの減少となったものの、2カ月連続で500億円を上回った。半導体製造装置向けを中心に増産投資や自動化、デジタル化の推進に向けた設備需要が伸びた。

外需は前年同月比15・8%増の1017億7400万円で18カ月連続の増加。1000億円超えは2カ月連続。4月として初めて1000億円台に到達。前月比は4・0%減で2カ月ぶりの減少だが、中国や欧米を中心に需要は引き続き堅調に推移したと見られる。


【関連記事】 工作機械の再編劇、次はどこで起こる?

日刊工業新聞2022年5月17日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる