船舶にLNG供給参入、九州電力社長が語った狙い

  • 1
  • 1
(右から)岡田賢二伊藤忠エネクス社長、池辺和弘九州電力社長、長沢仁志日本郵船社長、道永幸典西部ガス社長

九州電力、日本郵船など4社は29日、九州と瀬戸内地域で液化天然ガス(LNG)を船舶にバンカリング(燃料供給)する事業を2024年春ごろに始めると発表した。伊藤忠エネクス、西部ガス(福岡市博多区)と2月に設立した共同出資会社が専用船を新造し、事業にあたる。建造は三菱造船(横浜市西区)。九州電の戸畑LNG基地(北九州市戸畑区)を拠点に専用船を運用。地域内の寄港船や近郊の航行船に出向いて供給する。まず年10万トン規模の供給を目指す。

西日本でのLNG供給ニーズの高まりに応える。外航船向けを中心に、域内の一般需要家にも供給する。船舶の燃料転換も促すなど、「低・脱炭素化と港湾の競争力強化に貢献する」(池辺和弘九州電社長)狙い。

船の運用や需要開拓といった分野でノウハウを各社持ち寄る。西部ガスのひびきLNG基地(北九州市若松区)からのLNG供給も検討する。

共同出資会社はKEYS Bunkering West Japan(北九州市戸畑区)で、出資比率は九州電と日本郵船が各40%、伊藤忠エネクス15%、西部ガス5%。

日刊工業新聞 2022年3月30日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる