ウクライナ侵攻…企業の6割「マイナス影響」

  • 0
  • 0

帝国データバンクが実施した調査によると、ロシアによるウクライナ侵攻や対ロシア制裁について、企業活動に「マイナスの影響がある」と回答した企業が61・0%に上った。原油や天然ガスといったエネルギー価格の高騰や、ロシアとの取引規制などが企業心理を悪化させている。

業種別では、原油価格の上昇が直撃する「運輸・倉庫」の76・9%がマイナス影響を懸念。小麦など穀物価格の高騰を危惧する「飲食料品・飼料製造」も75・9%、レアアース(希土類)取引を行う「鉄鋼・非鉄・鉱業」でも73・4%が警戒感を示した。

企業からは「原油価格高騰による燃料費増大がつらい」(北海道の運輸・倉庫)、「サプライチェーン(供給網)の見直しが必要になる」(山口県の機械・器具卸売り)といった声が上がった。帝国データは「現地に進出する企業にとどまらず、幅広く影響を及ぼす恐れがある」と分析した。

調査は2月25―28日にインターネット上で実施し、1437社が回答した。

日刊工業新聞 2022年3月2日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる