【キーワード・30秒解説】ブルー水素

  • 0
  • 0
化石燃料由来の水素製造
 天然ガスや石炭といった化石燃料を蒸気メタン改質や自動熱分解などで水素と二酸化炭素に分解することで、作られる水素。CO2回収・貯留(CCS)技術と組み合わせて活用することで、CO2排出を抑制できるため、クリーンエネルギーとして注目される。一方、大規模な生産施設が必要なため、供給に十分な生産施設をいかに確保するかが課題とされている。

《ブルー水素の今がわかるニュース》
 ブルー水素・アンモニアを狙う商社たち。三井物産・住友商事・伊藤忠が生産準備へ
 COフリーのブルー水素事業に乗り出すJパワーの勝算
 アンモニアや水素は石炭・LNGの代わりになるか?日本の脱炭素戦略のカギに

【「ブルー水素」の記事をもっと読みたい】

三井物産が保有する豪州ウェイトシアガス田

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる