与信管理にAIを導入したニコスが感じた変化

  • 2
  • 3

三菱UFJニコスは2018年、経営企画本部内にデジタル企画部を立ち上げ、同部が社内への人工知能(AI)導入を推進してきた。19年には、クレジットカード会員の与信管理業務やコールセンターの業務にAIを導入した。与信管理業務の一部では、会員の利用実績を基に、利用限度額を引き下げるかどうかの判断にAIを活用している。一定の特徴のあるグループごとではなく、個々の会員に即した判断ができるようになったのが特徴だ。

同社はAI製品として高評価の米データロボットのAIプラットフォーム(基盤)「データロボット」を導入した。導入支援サービスの実績が豊富な日鉄ソリューションズのコンサルティングを受けた。

主な導入対象が与信管理業務だ。担当部門は、各会員の与信枠の金額が適正かを常に観察し、判断している。利用実績の中で支払い遅れや未入金があった会員には、利用限度額を引き下げる措置を取ることがある。判断には外部の信用情報も活用するが、従来は一定の特徴のあるグループごとの一律な対策になりがちだった。

AIには会員の最大1年半分の利用実績のデータを学習させた。AI導入後は、会員単位でスコアリングし、リスクの高いスコアの会員は利用限度額を下げる、低いスコアの会員は観察を続けるといった対応が可能になった。宮崎友和デジタル企画グループ次長は「マス別だったのが人別にとらえられるようになった」と変化を説明する。

コールセンターでは、支払いが遅れている会員に電話をかける場合、どのような会員に電話すれば支払いにつながるか、過去の実績をAIに学習させた。優先順位を付けたことで、電話をかける回数を従来より2割減らすことができた。問い合わせを受ける側にもAIを導入し、繁忙期の電話を受ける回数を予測し、人員配置に生かせた。

このほか、カードの不正利用検知にも部分的に活用している。試行段階で、活用範囲の拡大を見据える。

データロボット以外のAIも活用する。債権回収に関する会員からの問い合わせにAIが自動回答する仕組みを本格化させていく。

今後は、デジタル企画部が社内でどのような業務にAIの利用が可能かを提案できる体制を目指す。カギは部内の人材育成だ。人員が日鉄ソリューションズのコンサルタントから学ぶなどしてAIの知見を深め、各部門に助言できるようにする。(戸村智幸)

日刊工業新聞2021年10月15日

特集記事

キヤノンMJが文章の電子テキスト化ツールで狙うビジネス (2021年10月07日公開)
世界シェア7割の強み生かす、オリンパスのAI内視鏡診断支援ソフトの実力 (2021年10月14日公開)
三菱電機が開発、工場技能者の可視化システムを実現した日本初の存在 (2021年10月21日公開)
農業の病虫害対策を迅速に診断するAI活用法 (2021年10月28日公開)
与信管理にAIを導入したニコスが感じた変化 (2021年11月04日公開)
旅先を提案するAI、旅行体験価値を向上できるか (2021年11月11日公開)
ビール醸造の熟練技術を伝承するキリンHDのAI活用法 (2021年11月25日公開)

キーワード
AI 与信

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる