三菱電機が保有する技術資産をウェブで公開する狙い

  • 1
  • 1

三菱電機は、知的財産を基に社外連携を加速する「オープンテクノロジーバンク」活動を始めた。自社で保有する技術資産をウェブサイト上に公開し、他社へのライセンス提供や協業を進めるのが主な狙い。デジタル変革(DX)や脱炭素分野は今まで以上に複合的な技術が必要で、1社単独での研究開発には限界があることも社外に門戸を開く一因だ。

オープンテクノロジーバンクのウェブサイトでは開設時点でライセンス提供可能な21件の技術を掲載し、今後順次拡充する計画。プラスチックマテリアルリサイクル技術やマイクロバブル洗浄技術、風計測ライダー、視覚障がい者向けリモコン・操作技術、スマートエアコーティング、海水アンテナなどだ。

三菱電機の特許登録件数は2020年に国内2位で、国際特許出願件数で世界3位を誇る。


【関連記事】 BtoB事業で成長を目指す三菱電機、カギとなる戦略とは?

日刊工業新聞2021年10月14日

キーワード
三菱電機

関連する記事はこちら

特集