ヤマハ発動機が「自動運転EV」開発。サブスク型サービスで提供する理由

  • 1
  • 0

ヤマハ発動機とティアフォー(名古屋市中村区)、両社が出資するeve autonomy(イヴオートノミー、静岡県袋井市)は、自動運転機能を持つ電気自動車(EV、写真)を開発した。イヴが2022年夏に同車両を用いた自動搬送サービスをサブスクリプション(定額制)型で始める予定。料金は1台当たり月額30万円台前半で、3年間で500―1000台の契約を目指す。

同車両は従来より小型化した。工場や物流拠点などの閉鎖空間で自動搬送できるように傾斜や段差に対応する走破性、天候や周辺物の変化に対応する頑強性を持たせた。最大積載能力300キログラムもしくは最大けん引能力1500キログラムとした。

自動搬送システム導入にかかる初期費用課題を解決するためサブスクリプション型でサービス提供する。

日刊工業新聞2021年9月2日

関連する記事はこちら

特集