2015 国際ロボット展オンラインプレビュー(1)THK

ロボット開発者のための新構成部品シリーズ「SEED Solutions」

  • 0
  • 2
THK技術本部 事業開発統括部 永塚ビジネスユニット 永塚正樹  シニアクリエイティブプロデューサー
 12月2日から5日に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる「2015国際ロボット展」。少子高齢化、労働力不足といった課題解決のほか、モノのインターネット(IoT)活用などのテーマで開発された最新テクノロジーが会場内の実演や多彩なシンポジウムなどで発信される、2年に1度のビッグイベントだ。今回は出展者数、出展規模とも過去最大のスケール。新時代を切り開く先端技術のショーケースに大きな注目が集まる。

 日刊工業新聞 電子版では、開催に先駆けてオンラインプレビューを実施。出展企業のみどころと製品を紹介する。

ロボット開発者のための新構成部品シリーズ「SEED Solutions」を実演―THK


 次世代ロボット用の要素部品を取りそろえるTHKの新たな製品カテゴリー「SEED Solutions」。2015国際ロボット展では、専用ブースを設け最新技術をアピールする。開発したスマートアクチュエーターシステム、汎用グリッパーなどはコンパクトで簡単に取り扱える点が特徴。ブース内にはこうした要素部品を組み合わせたロボットを設置し、実演を披露する。

SEED Solutionsのアプリケーション例


 今回の実演は、人がみせる物体をロボットがカメラで認識し、数メートル先にある同種の物を運んで来るというもの。自律的に移動し物体をつかむロボットの滑らかな動きに注目したい。一連の動作を可能にするのが、SEED Solutionsとして展開する要素部品群だ。例えば腕の可動部などに搭載するコントローラードライバーを備えた、スマートアクチュエーター。回転運動や直線運動によりロボットが腕を伸ばす動きなどを生み出すことができる。

 強みは小型かつ扱いやすい点にある。中でも特徴的なのが、電源供給や通信をケーブル1本で実現する省配線システムだ。ケーブルの取り回しはロボットの設計において課題になりやすく、省配線化を求める声は多い。このため、新たなアクチュエーターは問題を解決に導く強力な基幹製品として期待される。「簡単に次世代ロボットのハードウエアを構築できる環境を用意し、ロボット開発者が周辺機器やソフトウエア、サービスの研究に集中できるようにすることが狙い」(永塚正樹 シニアクリエイティブプロデューサー)としている。また、複数のアクチュエーターを同期させる際は、各軸に搭載されているドライバーの一つが親機として全体を制御することが可能だ。別個に制御ボックスを設ける必要がないため、省スペース化にもつながる。

さまざまな大きさや形の物体つかむコントローラー一体型ロボットハンド


 SEED Solutionsではアクチュエーター単体のほか、さまざまな応用品もラインアップする。その代表格が小型・高出力アクチュエーターとモーターコントローラードライバーを搭載しているロボットハンドの「TRX」。国際ロボット展の実演でも活用する予定だ。最大の特徴が、小型・軽量でありながら外部コントローラーなしで、多種多様なワークに対応できる汎用性。「太いものから細いものまで、あらゆる物体をつかむことができる」(遠藤嘉将クリエイティブ プロデューサー)という。さまざまなワークのピッキングなどを手軽に実現できる汎用グリッパーとして、注目を集めそうだ。

 人との共同作業や生活支援などを行う次世代ロボットの開発は、今後さらに加速するとみられる。それに伴い、同社はSEED Solutionsのラインアップを順次拡充させる方針。ニーズが拡大する中、ロボット開発者にどれだけ採用メリットを訴求できるかが見どころとなる。

日刊工業新聞電子版

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる