アンリツがローカル5G導入に向け構造計画研究所と共同出資へ

  • 0
  • 0

アンリツと構造計画研究所は6月に、第5世代通信(5G)を限られた地域で利用するローカル5Gの導入や運用を支援する共同出資会社を設立する。アンリツの測定・評価技術を中核にした通信計測機器や測定サービスと、構造計画研のシミュレーター製品や解析サービスを融合。ローカル5Gの導入を検討する企業などに、シミュレーションから実評価までの総合サービスを提供する。

新会社「AKラジオデザイン」の資本金は1000万円で両社が折半出資。本社は神奈川県厚木市に置く。

日刊工業新聞2021年5月

キーワード
アンリツ

関連する記事はこちら

特集