日本電産が欧州にEVモーターの新工場、大攻勢の中核拠点に

  • 0
  • 3
日本電産の関潤社長(左)と永守重信会長兼CEO

日本電産は9日、2022年にセルビア・ノヴィ・サド市で新工場を建設すると発表した。欧州での厳しい環境規制による需要拡大を見据え、車載用モーターなどを生産する。グループ複数社が段階的に同国に進出する計画で、東欧の主要生産拠点となる。同社は今後10年間に欧州全体で2000億円を投じる方針だ。

新工場の敷地総面積は約9万6000平方メートル、従業員数は1200人規模。セルビア進出の第一段となる。同国進出の理由について関潤社長は「就労人口のアベイラビリティ(可用性)と英語でのコミュニケーションが取れる」ことなどを強調。自動化率を究極まで上げ、立ち上がりから高効率、高品質を目指す。

キーワード

関連する記事はこちら

特集