次のiPhone7はホームボタンが消え、サファイアガラス採用? アナリストが予測

新しい特許も申請、落下するとツメが飛び出しディスプレーを保護

  • 0
  • 17
iPhone6sのホームボタンの構造(アップルのウェブサイトから)
 iPhone6s/6s Plusが9月に発売されたばかりなのにもかかわらず、早くも次期iPhoneについての噂が出回り始めた。ダウ・ジョーンズの金融専門誌バロンズによれば、米投資会社パイパー・ジェフリーのアナリスト、ジーン・ミュンスター氏は、次の「iPhone7」では外見も寸法も、さらにハードウエアも変わると予測。初代iPhone以来慣れ親しんだホームボタンがなくなるのに加え、ディスプレー部分に強度の高いサファイアガラスが採用されるとみている。一方で、iPhone7に使うかどうかは不明だが、本体を落とした時にカバーガラスを保護するアップルの出願特許も公開された。

 最近のiPhoneは、iPhone5/6で外観デザインや寸法を大きく変更し、5s/6sでは外観はそれほど変えずに内部のハードウエアを進化させるという、2年ごとのアップグレードパターンが見て取れる。この法則にならうのであれば、来年のiPhone7では外観デザインの変更が十分予想される。

 その中でも、目立った改良となりそうなのはホームボタンの排除。根拠は6sで採用された「3Dタッチ」だという。スクリーンを指で押し込むことで選択コマンドが現れる3Dタッチにホームボタンの機能を代替させれば、ホームボタンが不要になるというわけだ。ホームボタンが占めていたスペースがなくなれば、その分、ディスプレーを大きくしたり、本体を小さくしたりできる利点がある。

 ただ、それには技術的な壁もある。持ち主の指紋を読み取り、ロックを解除したりするのに使う「タッチID」の部品が、現状ではホームボタンと一体化しているためだ。そこでホームボタンをなくすため、ソニーのXperiaのように、タッチIDをiPhoneの側面に配置する可能性もあるとしている。

 次にiPhone7で力をいれると見ているのが、バッテリーの持続時間の改善。ここ数年をみると、MacBookでは効率的なプロセッサーやソフトウエアの工夫でバッテリーの持続時間が5時間から10時間へと2倍近く伸びている。消費者にとってもバッテリーの持ちは非常に気になるポイントであるはずなのに、iPhoneでは大型化してバッテリーを多く搭載した6 Plus/6s Plus以外、目立った機能向上が見られない。

 ミュンスター氏の予測ではないが、バッテリー対策として、A10プロセッサーを超省エネ仕様にするか、これまで冷ややかだったシャープのIGZOディスプレーを全面採用するか、あるいは、Apple Watchにも採用されているAMOLED(アクティブマトリックス方式の有機ELディスプレー)にするか…。
 
 最後の予測が、サファイアガラス。これまでも採用を検討したものの見送ってきたが、今年4月に発売されたApple Watchにサファイアガラスが採用されたことから期待が高まってきた。実際、Apple Watch Sportに採用された強度の高い7000系アルミニウム合金は、iPhone 6s/6s Plusにも使われている。

 注意しなくてはならないのは、これまでの例から言って、アップル製品についてのミュンスター氏の予測が当たるとは限らないこと。本人も、iPhone7でホームボタンが消える可能性は50%としている。

【バロンズの記事】
http://blogs.barrons.com/techtraderdaily/2015/10/19/apple-piper-pounds-the-table-time-to-get-ready-for-an-iphone-7/

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会
委員長

初代iPhoneを開発するにあたってスティーブ・ジョブズは、当時全盛だったブラックベリーのような物理的ボタンを持つデザインを「美しくない」と言って、とことん嫌ったという。それでも操作するのにホームボタンだけは外せなかった。次のiPhoneで、ついに端末正面からボタン類が一切排除され、究極のシンプルデザインが完成することになるのかどうか。

関連する記事はこちら

特集