【新型コロナ】マイナス120℃に保つフリーザー、ワクチンの輸送問題解決なるか

  • 0
  • 3
超低温フリーザーをワクチン保管・輸送に応用

【静岡】エイディーディー(静岡県沼津市、下田一喜社長)は、マイナス120度Cを実現したワクチン輸送・保管専用超低温フリーザーを開発した。小型化したことで、航空機や車載での輸送、個人病院での保存など広く使用できる。1台でワクチン1000本が収容可能。新型コロナウイルスワクチンの供給で課題となっている超低温下での輸送問題の解決につなげる。

蒸発温度が異なる複数のフロンを使用し、熱交換器内部で液化と気化を繰り返す多段蒸発を応用。マイナス100度Cを維持する超低温保冷剤を組み合わせた。電源を喪失してもマイナス80度C以下を26時間以上保持できる。

新型コロナワクチンでは米ファイザーが治験での高い有効性を発表した。ただメッセンジャーRNA(リボ核酸)を使った新型のワクチンはマイナス70−マイナス80度C程度での保存が必要という課題が浮上している。

同フリーザーは超低温保冷剤とセットで価格250万円(消費税抜き)。まずワクチン輸送用で普及を図り、将来はiPS細胞(人工多能性幹細胞)輸送への応用も探る。月販200台が目標。販売やメンテナンスを行う新会社「アドトランスポート」(沼津市)を30日に設立し12月1日に営業開始する。

日刊工業新聞2020年11月13日

関連する記事はこちら

特集