新型コロナの重症化予防に「痛風薬」、琉球大などが1月に治験

  • 0
  • 4
透過型電子顕微鏡で撮影した新型コロナ(NIAIDーRML提供)

琉球大学と横浜市立大学は5日、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ治療薬の医師主導治験を2021年1月から始めると発表した。軽症か中等症の新型コロナ患者を対象に、痛風の治療薬として使われている「コルヒチン」を投与し新型コロナの重症化の予防効果を検証する。すでに薬事承認されている痛風治療薬を適用拡大することで、新型コロナ治療薬の承認までの期間の短縮が期待される。

現在、新型コロナの治療には抗ウイルス薬「レムデシビル」や抗炎症薬「デキサメタゾン」が国内で薬事承認されているが、中等症から重症の患者に限られていた。

コルヒチンは園芸植物であるイヌサフランの種子や球根に含まれる成分で、痛風の治療に使われている。琉球大の植田真一郎教授らは、2型糖尿病の合併症として起きる心筋梗塞や狭心症などの患者を対象に、心臓の血管のつまりや破れなどの抑制効果を検証する医師主導治験を17年から実施している。

日刊工業新聞2020年11月5日

COMMENT

小川淳
デジタルメディア局
編集部部長

コルヒチン自体は痛風の抗炎症剤として一般的に処方されており、そういった抗炎症作用が新型コロナの重症化防止に役立つのかもしれません。有効性が認められれば、迅速に適用拡大がなされるはずです。期待しましょう。

キーワード

関連する記事はこちら

特集