30年前に発売したアナログ表示の「G-SHOCK」をメタル素材で再現!

  • 0
  • 0

カシオ計算機は1989年に発売した耐衝撃ウオッチ「G―SHOCK」ブランド初のアナログ表示モデルをメタル素材で再現した「AWM―500D―1A=写真」など3機種を11月20日に発売する。軽量化や設計・仕上げの工夫により、樹脂製の原型と異なる素材でもデザインやサイズ感を踏襲することができた。価格は6万6000―7万4800円(消費税込み)。

ステンレス製で重さは約175グラム。メタル素材の採用による重量の増加で、落下時に製品へ加わる衝撃が増えるため、ケース内部に緩衝材を追加した。構造も軽量化している。アンテナの構造を見直し、裏ぶたにスクリューバックを採用しても電波の受信感度が落ちないようにした。

日刊工業新聞2020年11月2日

関連する記事はこちら

特集