KADOKAWAが初直営店を所沢に!“体験型書店”を楽しもう

  • 1
  • 3

KADOKAWA(東京都千代田区、 松原眞樹社長)は、 11月6日にオープンする埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」にて、 同社初となる直営書店「ダ・ヴィンチストア」を同日開業する。

「ダ・ヴィンチストア」は「発見と連想」というコンセプトをもとに、書籍の販売だけでなく、グッズ販売やイベントの開催、アート作品の展示なども行う“体験型書店”だ。

507平方メートルの店内で年間5千点以上刊行されるKADOKAWAの書籍・雑誌はもちろん、独自のテーマで陳列する書棚「発見×連想ギャラリー」や、角川武蔵野ミュージアムの館長・松岡正剛氏プロデュースによる実験的書店空間「EDIT TOWN QUBE(エディットタウン・キューブ)」といったコーナーを設け、約4万冊の書籍を販売。「発見×連想ギャラリー」では作家にフォーカスした「作家選書棚」を設置し、開業時には24名の人気作家や著名人の棚が並ぶ。

EDIT TOWN QUBE

そして「グッズステーション」では人気アニメや映画などのグッズを販売。KADOKAWAが運営・プロデュースするエンターテインメント施設「成田アニメデッキ」「九州アニメデッキ」や、「EJアニメホテル」と連動したオリジナルグッズも取り扱う。

「アートウォール」ではアート系作品を展示・販売を行うほか、 新鋭のアーティストによる作品を中心に、 角川武蔵野ミュージアムのアート企画とも連動し、新しいアートとの出会いの場を作る。

さらにイベントスペースやセミナールームを備え、 編集部のノウハウを活用したワークショップや、KADOKAWAと所縁のある著名人を招いたイベントを開催。この他のコーナーを合わせた計8つのコーナーで、訪れた人々に新しい体験や発見を提供する。

セミナールーム

オープニング企画ではコミック、ライトノベル、新文芸など様々なジャンルの人気作家によるサイン本の販売、およびサイン色紙の展示をはじめ、シンガーソングライター・伊東歌詞太郎氏による店内からのYouTube Live生配信や人気アニメのオリジナルグッズ販売、オープン記念ノベルティエコバッグの配布などを実施する予定だ。

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集