体内のセシウム可視化に成功、体外除去剤開発の道は拓けるか

  • 1
  • 8
ラットの体内に分布するセシウムを撮影したPET画像(量研機構提供)

量子科学技術研究開発機構の河地有木プロジェクトリーダーらは、生きた動物の体内に取り込まれた放射性セシウムの動きの可視化に成功した。陽電子を放出する放射性セシウムを精製する技術を確立。これをラットに注射し陽電子放射断層撮影(PET)で撮像したところ、腎臓や唾液(だえき)腺などにセシウムが分布する様子を確認できた。

東京電力福島第一原子力発電所の事故では放射性セシウム「セシウム―134」「同137」が環境中に放出された。これらの体内での動きが分かれば、体内に取り込んだセシウムを素早く排出するための薬剤を評価でき、放射性セシウムの体外除去剤の開発につながる可能性がある。同機構では、これら放射性セシウムと体内で同じ動きをする「同127」の精製に成功した。

陽電子を放出する同127の製造には、加速器で加速した高エネルギーのヘリウムイオンビームをヨウ化ナトリウム試料に照射する必要がある。だが生成する同127の量はわずかで、同時に生成され、実験の障害となる大量のナトリウムイオンを取り除く必要があった。研究グループはセシウムだけを捕集できる材料でナトリウムイオンを取り除き、同127を精製することに成功した。

東北大学と日本原子力研究開発機構との共同研究。成果は15日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

キーワード
セシウム

関連する記事はこちら

特集