川重の長距離向け大型バイク、新モデルは揺れ抑制で疲労軽減

  • 1
  • 0
川崎重工業の長距離走行向け大型2輪車「ヴェルシス1000SE」

川崎重工業は長距離走行向け大型2輪車「ヴェルシス1000SE=写真」の2021年モデルを10月中旬に欧州で発売する。高いスポーツ性能や長距離走行でも疲労を軽減する快適性を備える。日本、米国に順次販売を広げる計画。

排気量1000ccの並列4気筒エンジンを搭載し、優れたレスポンスと扱いやすさを両立した。軽快なハンドリングを実現するシャシーを備える。

電子制御サスペンションはショーワ製のスカイフックテクノロジーを2輪車で初めて採用した。路面の凹凸をバネに伝わりにくくする技術で、くぼみや隆起などで生じる車体の動き、加減速する際に前後に揺れるピッチングを抑制する。高速走行時の安定性や軽快なステアリング、雨天時の接地感を向上させた。1人乗り、2人乗り問わず曲がりくねった道や長距離でも快適に走行できる。

また慣性計測装置によるライディングアシスト電子制御システムや、情報表示するフルカラー薄膜トランジスタ(TFT)液晶スクリーン、近距離無線通信「ブルートゥース」によるスマートフォン接続機能などを採用した。

日刊工業新聞2020年10月6日

キーワード
川崎重工業

関連する記事はこちら

特集