オリックス、インドの再生エネ大手に1000億出資で2位株主に

  • 0
  • 1

オリックスは11日、約9億8000万ドル(約1040億円)を投じ、インドの再生可能エネルギー大手グリーンコエナジーホールディングスに年内をめどに20%強出資すると発表した。経済成長に伴う電力需要増で、インドの再生エネは長期的な成長が見込める。オリックスがインド国内で展開する風力発電事業をグリーンコに統合する。グリーンコを通じて、インドの再生エネの成長を取り込む。

オリックスの再生エネ事業の投資では、過去最大の金額になる。グリーンコは風力、太陽光など最大出力440万キロワットの再生エネ発電施設を保有し、インドで2番手。

オリックスはインド各地の合計で最大出力約90万キロワットの風力発電所を同社に売却する対価として、グリーンコの新株を引き受けるほか、2人の創業者から発行済み株式を取得する。これらにより20%強の株式を年内に取得し、2位株主になる。

日刊工業新聞2020年9月12日

関連する記事はこちら

特集