「トイレクイックル」、コロナ禍で需要増のワケ

  • 0
  • 6

新型コロナウイルス感染対策で在宅勤務が普及する中、花王が販売するトイレ掃除用ペーパー「トイレクイックル」の利用が増えている。拭いてトイレに流す仕様で、洗剤やぞうきんが不要。厚手のため便器の縁を拭く際も触れずに済む。尿がはねた部分を拭くと防臭コートができる「ニオイ予防プラス」タイプも販売中だ。

ホームケア事業部の名取陽祐商品開発リーダーは「在宅勤務で家のトイレに行く機会が増えている。今まで拭かなかったところを拭いたり、気分転換にトイレ掃除をしたりする人が増えた。売れ行きは好調だ」と明かす。

洗浄成分を含んだ厚手の紙で、拭き取る際少ない往復回数でしっかり汚れを取る。また尿臭の発生メカニズムを分析し、菌の分解酵素がにおいの原因であることを突き止めた。ニオイ予防プラスには、同酵素に対応するニオイプロテクト成分を配合した。

近年、トイレ空間は広くなっている。掃除する場所が増えるのに合わせ、簡単に掃除できる製品を訴求する。

日刊工業新聞2020年9月7日

キーワード
トイレ 花王 新型コロナ

関連する記事はこちら

特集