緊急地震速報、AIは予測精度を高められるか

  • 0
  • 1

防災科学技術研究所は、人工知能(AI)を使い、地震の揺れ予測を高度化する新手法を開発した。AIと物理モデルを組み合わせることで、まれにしか起こらない非常に強い揺れも高精度に予測できる。地震ハザード評価や緊急地震速報の精度向上につながる。

地震予測へのAI活用が期待されるが、機械学習は大地震のような発生頻度の少ない事象の予測が苦手で、データ中に偏りがあると予測精度が下がる。

研究チームは、従来から使われている物理モデルに基づく地震動予測式とAIによる機械学習を組み合わせて2段階で予測することで、まれな事象の予測精度を高めた。

全国約1700カ所の強震観測網の約20年間の観測記録から、2082地震の計18万6310の地震動記録を学習データとしてAIに機械学習させた。

208地震の計2万以上の記録で性能を確かめた。2016年の熊本地震における震央付近の1000ガル超の非常に強い揺れも実観測に近い予測結果が得られた。

従来手法や機械学習のみの予測ではこの揺れは過小評価されていた。

日刊工業新聞2020年8月10日

関連する記事はこちら

特集